トップ >帰化申請事例その1(韓国籍)

大阪で帰化申請手続のことなら
「大阪の帰化申請手続相談室」
にご相談下さい。


Always at your naturalization application procedures in Osaka "Naturalization application process consultation room of Osaka" Please contact us to.

「大阪の帰化申請手続相談室」は、
リーガルパートナーグループが
運営しております。


"Naturalization application process consultation room of Osaka" is Is legal partner group We have operations.

● 帰化申請事例

ここでは、実際に当社が取り扱った事例をご紹介致します。

【申請者概要】

Aさん 男性 28歳 会社員 未婚 特別永住者

【帰化の経緯】

Aさんは、両親が伴に韓国籍の在日3世の特別永住者の方です。
Aさんは、日本で生まれ日本で育ちました。小学生の頃に父から国籍のことを伝えられてからは、自分が韓国人だということを頭では理解していましたが、Aさん自身が韓国で暮らしたこともなく、韓国に行ったのは学生時代の旅行で1度くらい、日本の大学を卒業し、会社員として日本人となんら変わらない生活を送っていました。
Aさんが帰化を意識したのは、結婚がきっかけです。
「せっかく結婚するのに同じ戸籍に入れない」
「うまれてくる子どもはどちらの国籍になるのだろう」

・・・と考えているうちに「これからもずっと日本でくらしてゆくのだから」と帰化を決意しました。

【必要書類】

Aさんの場合、帰化許可申請に当たり必要となった書類は凡そ以下のものでした。(※1)

戸籍謄本(本国) 源泉徴収票(本人分)
上記翻訳文 納税証明書
パスポートの写し 自動車運転免許証の写し
Aさん出生届出書(市役所) 運転記録証明書(過去5年分の記載あるもの)
両親の婚姻届出書(市役所) 最終学歴の卒業証明書
外国人登録原票記載事項証明書(省略のないもの) 土地・建物登記事項証明書(登記簿謄本)
給与証明書(本人分)  

※上記の書類は、あくまで一例であり申請案件毎に集めなければならない書類には違いが出ます。

※旧法(韓国戸籍法)時代に申請をしたものであり、平成20年以降の帰化許可申請には、別途各種

証明書の添付が必要となりました。

【帰化申請日】

平成19年12月

【帰化許可日】

平成20年7月

【手続を終えて】

Aさんは、無事に帰化許可を得て、日本人の女性と結婚しました。会社員の帰化申請の場合、収入の証明は比較的容易に行なえます。また、特別永住権をお持ちの方の場合、帰化の動機書の提出が省略されるなど、いくつかの緩和要件があります。

無料メール相談
  • フォトギャラリー 事務所写真はこちら
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 許認可手続きの専門家
  • 建設業許可
当事務所対応エリア
大阪
大阪市、八尾市、東大阪市、
堺市、枚方市、寝屋川市、
柏原市、羽曳野市、松原市、
藤井寺市、大東市、吹田市、
四条畷市、茨木市、高槻市、
他府下全域
兵庫
尼崎市、伊丹市、西宮市、
神戸市、芦屋市、宝塚市、
明石市、川西市、三田市、
高砂市、加古川市、姫路市、
ほか県全域
京都
京都市、宇治市、京田辺市、
長岡京市、八幡市、
ほか府下全域
奈良
奈良市、生駒市、橿原市、
香芝市、桜井市、天理市、
大和郡山市、大和高田市、
ほか県全域
和歌山
和歌山市、橋本市、田辺市、
新宮市、海南市、岩出町、
ほか県全域
滋賀
大津市、草津市、守山市、
栗東市、野洲市、高島市、
近江八幡市、東近江市、
甲賀市、彦根市、長浜市、
ほか県全域
三重
名張市、津市、伊賀市

上記以外の地域にお住まいの方も、まずはご相談ください。


ページトップに戻る