トップ >帰化許可までの流れ STEP2

大阪で帰化申請手続のことなら
「大阪の帰化申請手続相談室」
にご相談下さい。


Always at your naturalization application procedures in Osaka "Naturalization application process consultation room of Osaka" Please contact us to.

「大阪の帰化申請手続相談室」は、
リーガルパートナーグループが
運営しております。


"Naturalization application process consultation room of Osaka" is Is legal partner group We have operations.
帰化許可申請手続 STEP 2

● 法務局へ申請に行きます(本人による来庁)

帰化申請は、原則的に申請者本人が
書類を提出
しなければなりません。
ですから、当法人は、その前提として
帰化許可申請書を受理されるよう仕上げ、
当日の申請は本人で管轄法務局へ
来庁下さい。
もちろん、その際の同行することも可能です。
但し、ご本人様が全く法務局へ行かなくとも
よいわけではないことはご了承下さい。

当日持参するもの

  • 写真(6 か月以内に撮影した、5cm 四方、単身、上半身)
  • 外国人登録証明書(カード)
  • 運転免許証
  • パスポート(旅券)
  • その他、申請書においてコピーを添付したものの原本

尚、申請が受理されると後日、法務局の担当官から面接の日程調整のための電話連絡が入ります。受理から、面接までの期間は決まったものはありませんので管轄法務局によって差異が生じることがあります。

● 担当官と面談します

帰化許可申請書が受理されたら、後日管轄の法務局より面談の日時の電話連絡が入ります。通常は、平日を指定されますので、お勤めの方は都合をつけて法務局まで出向かなければなりません。
面談は本当に本人による申請なのか、本人が帰化を希望しているのか、帰化後日本人として生活してゆくことができるのか(日本語の能力)、帰化を不許可とする要素がないのかと言ったことを担当官が判断するためのものです。ですから、担当官から聞かれる質問は多岐に渡ります。
時には帰化とは全く関係の無いと思われるような質問もありますが、上記のような要件を満たしているのかどうかを様々な角度から判断するためであり、無駄な質問は1つも無いと考えたほうが良いでしょう。また、時には私的な事項に踏み込んだ質問もありますが、抵抗を感じても素直に答えることが重要です。
所要時間もまちまちですが、30分から1時間程度を考えていればいいでしょう。通常は、1度の面談で終わりますが、疑義が生じたり数回の面談が必要だと面接官が判断した場合は、後日再度面談を指定されることもあります。

面談での質問事項例

家族構成と家族の氏名・生年月日を教えて下さい。
⇒本人性の確認
居住歴を教えて下さい。
⇒居住要件の確認(国籍法第5条1項)
結婚の予定はありますか?
⇒生計要件の確認
特定の団体に加入していますか(加入したことがありますか)?
⇒国籍法第5条6項
無料メール相談
  • フォトギャラリー 事務所写真はこちら
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 許認可手続きの専門家
  • 建設業許可
当事務所対応エリア
大阪
大阪市、八尾市、東大阪市、
堺市、枚方市、寝屋川市、
柏原市、羽曳野市、松原市、
藤井寺市、大東市、吹田市、
四条畷市、茨木市、高槻市、
他府下全域
兵庫
尼崎市、伊丹市、西宮市、
神戸市、芦屋市、宝塚市、
明石市、川西市、三田市、
高砂市、加古川市、姫路市、
ほか県全域
京都
京都市、宇治市、京田辺市、
長岡京市、八幡市、
ほか府下全域
奈良
奈良市、生駒市、橿原市、
香芝市、桜井市、天理市、
大和郡山市、大和高田市、
ほか県全域
和歌山
和歌山市、橋本市、田辺市、
新宮市、海南市、岩出町、
ほか県全域
滋賀
大津市、草津市、守山市、
栗東市、野洲市、高島市、
近江八幡市、東近江市、
甲賀市、彦根市、長浜市、
ほか県全域
三重
名張市、津市、伊賀市

上記以外の地域にお住まいの方も、まずはご相談ください。


ページトップに戻る